女の人

継続した治療の重要性

女性

躁うつ病を患う若者は多くおり、治療を怠ると症状が悪化する可能性があります。専門の病院で薬での治療を受ける他、近年注目されており、社会復帰の実現をサポートしてくれるグループホームを利用することが治療への近道となります。

Read More...

適切な治療で改善は可能

医者

躁うつ病を発症した際の病院で受けられる治療には薬物療法と精神療法がありますが、加えて十分な睡眠をとり、生活のリズムを整えるといった患者自身の意識や行動の改革も重要です。また、うつ症状から発症した躁うつ病はうつ病との見分けが困難な上に、この2つの疾患は治療法が異なる面があるため注意が必要です。

Read More...

きちんと治療へ通う

看護師

思い込むことをやめる

躁うつ病の方は、基本的に浮き沈みが激しい方がなることが多いようです。普段とても明るくていつも元気な人が、急に落ち込んだりして体調を崩すことがあります。そのようなタイプの方は、躁うつ病になりやすい、そしてなっている可能性もあります。なんとなく、自分はうつ病などにはならないと思い込んでいる方も非常に多いです。確かに、自分はならないと思うことは大切なことかもしれませんが、あまりにも思い込んでしまうと、実際にうつ病になったときになかなか気づけずに病院へ行くのが遅れてしまい、一人でどんどん抱え込んでしまって辛くなる、という方もたくさんいます。なので、まずは自分も躁うつ病やうつ病になる可能性はあるんだと思っておく方がいいと思います。早めに病院を受診することで、そこまでひどくならないうちに完治させることもできます。まずは、最近どうもおかしいな、落ち込みようがいつもとはちょっと違うな、と何か感じた場合はまずはインターネットでうつ病のチェックをしてみてもいいと思います。簡単な質問に答えるだけで、簡易なものではありますが、現在どのくらい鬱病の可能性があるのかを出してくれます。ネットで検索をすればサイトがいくつか出てくるはずです。

カウンセリングを受診

ある程度、自分の心理状況が今どんな感じなのかということを知って、うつ病の可能性があるな、と感じたときはまず心療内科へ行くことをオススメします。心理的なことで病院へ行くのは少し抵抗があると感じる方もいると思います。ですが、思い切って実際に病院へ行ってみると、雰囲気は普通の内科などの病院と同じですし、リラックスできるような雰囲気になっているので、すぐに抵抗などはなくなると思います。先生にじっくりカウンセリングをしてもらうだけで、それだけでどことなく気持ちがすっきりするという方もたくさんいます。まずは自分の今の心理状況をしっかりと先生に伝えることが重要です。躁うつ病の方は、テンションが上がったり、急激に下がったりと上下がとても激しかったりするので、精神を落ち着かせるような効果のある薬を処方されることがあります。薬を飲むということにも抵抗がある方もいますが、まずはきちんと処方された薬は先生からもう飲まなくていいと言われるまで飲み続けることです。そして、病院へも定期的に通うことで、完治させることができます。落ち込んでいるときは、もう一生こんな気持ちなのだろうか、などとマイナスに考えてしまいがちですが、きちんと治療をすることで治ります。

病気の特徴と治療方法

婦人

躁うつ病は、躁状態と鬱状態を繰り返してしまう病気なのです。遺伝、愛情不足、虐待、ストレスなどが原因で病気を発症してしまうと言われているのです。病院では薬物療法や心理療法によって治療を行うことが多いでしょう。

Read More...

治療を受ける前の知識

婦人

躁うつ病の患者さんは一見すると一般の人と同じように振る舞っている事が少なくなく、病院にて治療する必要などない人のようにも感じられることがあります。しかし躁うつ病を放置しておくと社会的損害をこうむったり、周囲を巻き込んで不幸を作り出してしまう事もあるため、症状を知っておく事が大切です。

Read More...